MRはマイホームを買うな!大家用アパートを買おう!!

MR大家ふ~てんです。

MRがマイホームを買っちゃいそうなシチュエーション

MRは転勤を前提にした働き方が基本なので

会社に家賃を補助してもらってるケースが多いのではないでしょうか?

 

この家賃補助が出てる状態でマイホームを買っちゃうってのは

明らかにマネーリテラシーが低い戦略なので、そういう人は少ないと思いますが

転勤のない本社勤務とか家族を残しての単身赴任といった状況になると

マイホーム購入率はぐんと上がります。

 

ある程度の期間同じ地域に住んでると家賃補助が無くなる会社もありますので

このような時もマイホームを買いたくなります。

持ち家  VS 賃貸(借りる方)⇒持ち家 VS 賃貸(貸す方)の発想

持ち家 VS 賃貸は永遠のテーマですし

マイホームは損得だけで決めるものでも無いと重々承知しておりますが

それでもMR大家的には「マイホーム購入反対」とさせていただきます。

 

MRがマイホームを買うとなると4000~6000万くらいの予算が多いと思うので

仮に5000万だと仮定して金利0.5%の35年ローンで月々のお支払いが約13万円。

 

MRがファミリーで住む家として選ぶようなグレードの物件は

賃貸であれば家賃が13万って普通だと思いますので

「家賃と同じ金額ならマイホームを」と考えがちですが

ここは「マイホームと同じ金額なら大家用アパートを

と考えて欲しいです。

 

仮に5000万利回り8%だと仮定すると月々の家賃が33万強

ローン金利が2%だとすると22年ローンで23万強

ざっくりとした計算ですが月々10万円の収入となります。

元々マイナス13万のキャッシュフローだったのが

プラス10万のキャッシュフロー

その差23万円

机上の空論とリアルシミュレーション

こりゃ大家デビューしないとバカでしょ!?

と言いたいトコロですが

この数字を見て大家デビューしちゃうのはバカでございます。

 

上記の計算は「家賃-ローン」しか考えてないので

アバウトすぎるにも程がある数字で

今回の例ではローン返済比率が70%ととても高いので

本当のちゃんとしたリアルキャッシュフローを出すと

なかなか厳しいものになりますので

もう少し家賃をあげるかローンを減らす作戦を考えると思います。

 

言い方を変えると5000万円の借金をして

利回り8%ってよくありそうなスペックのアパート

2%というこれまたよくありそうな金利

何も考えずに買ってしまうと

キャッシュフローはとんとん所かマイナスになる恐れがあるよ

という事でございます。

 

最初、5000万のマイホーム買うなら5000万のアパート買え

そしたら月々10万儲かるよ!なんて

業者のまわしもんか情弱ビジネスのオーナーみたいな事言いだしたかと思ったら

その次には、実はその数字は嘘でリアルはトントン目指すのも大変な感じ

なんて厳しい現実を語り出して

本当にふ~てんはMRさん達に大家をオススメしたいのでしょうか?(笑)

 

答えはYES!イエス!!家っす!!!

上に書いたようにありがちなスペックのアパートを買うと厳しい

それでも大家業は世の中でもっとも簡単なビジネス

少し工夫すれば黒字にするのは誰でもできます。

物件価格の2%程度がリアル利益ってのが通説ですので

5000万アパートで年100万儲けるってのは平均的な合格ライン

最初にお示しした月10万は非常に現実的な数字でございます。

マイホームは負債。奪われていくお金

一方のマイホーム、憧れのマイホーム

こちらは心理的な満足は得られるものの

キャッシュフローが大幅にマイナス

 

不動産投資なんて色々金がかかるだろ!と仰るアンチの皆様

マイホームだとその「色々」が全部自分に降りかかってきます。

 

マイホーム購入シミュレーションで例示した

月々13万のマイナスですが

こちらの数字もアバウトすぎるにも程がある数字

一番ピッカピカの状態でなんの維持費も計上しなくて

これだけのマイナスキャッシュフロー

 

大家業としてお客さんのためのビジネスで所有してれば

必要な維持費は経費にできますが

マイホームを自分の満足のためだけに所有していれば

維持費としてどんどんお金が出ていきます

 

超有名な本「金持ち父さん貧乏父さん」で

ロバートキヨサキ先生は

・資産:自分のお財布にお金を入れてくれるモノ

・負債:自分のお財布からお金を奪っていくモノ

と資産と負債について非常に分かりやすい定義をしています。

 

こんなに分かりやすいのに「資産と負債」を間違える人が非常に多い!

どう考えてもマイホームは負債です。

 

賃貸と比べて云々…と言い訳をするのは自由ですが

その言い訳をしてもマイホームが自分の財布からお金を奪っていくモノ

という事実は変わりません。

自分以外の人を幸せにできるのがデキるMR

MRは営業職ですよね?

デキる営業ってのは自分の事よりもまず相手の利益を事を考えられる人ですよね?

自分や自社利益が第一の業界もありますが製薬業界は利他が大切な業界ですよね?

 

MRだったら自分が住むトコロを第一ではなくて

他の人が住むトコロを第一に考えてみませんか?

まずは他の方が満足してすごせる家を提供する。

 

先に資産を買って成功してからであれば

どう考えても負債でしかない贅沢品(例えばマイホーム)

を買っても良いと思います。

 

同僚がよく5000万、6000万の家買ったと自慢しておりますが

ワタクシは家賃補助がでなくなるシチュエーションになったため

2000万の中古マイホームを購入いたしました。

 

MRで2000万のマイホーム買う人少ないのではないでしょうか?

しかも道半ばとはいえ一応、資産を買い進めた後でございます。

 

因みにマイホームって

3回目くらいでやっと自分の真の好みを反映させられる

なんて話もお聞きします。

 

最初に全人生をかけるような負債を抱えてしまったら

3回目どころか2回目も来ないのではないか?と思ってしまいます。

 

MRの皆様

負債マイホームを買うくらいなら

資産アパートを買ってMR大家デビューしませんか?