MR大家が「映画えんとつ町のプペル」で実験をしてみた

MR大家のふ~てんです

プペルとオンラインサロンの宣伝

【前回のブログ】

・自分は挑戦するMRを応援したいと思っている

・その理由はキンコン西野さんが

「えんとつ町のプペル」に込めたメッセージに共感したから

という話をしたんですが

その「えんとつ町のプペル」は今年の12月25日に映画公開されます。

 

ハロウィンの物語なのにクリスマスに公開

二兎を狙って三兎も四兎の狩っちゃう!

西野さんたらとっても欲張り(^^)

 

「えんとつ町のプペル」は作品としてハイクオリティな映画なんですが

実験が大好きが西野さんは作品を創り上げるだけでなく

そのプロジェクト中にほんと~に様々な仕掛けを試みています

 

どんな意図でどんな実験をするのか?については

西野さんのオンラインサロン(月額980円)

で公開されておりますので

MRをやりながら何かに挑戦したいと思っている方

是非一度覗いてみて欲しいです。

巻き込まれながら、ワタクシも実験してる

そんな、西野さんが仕掛けた沢山の実験のうちの一つに

サロンメンバーを映画の広告・販売に巻き込む

というものがあります。

 

「実験」とか「巻き込む」なんてソレっぽい言葉使ってるけど

ファンやサロンメンバーが

推しメンである西野さんの作った映画

他人にオススメ(広告・販売)するなんて

実験でも巻き込みでもなく普通の事じゃん!

って思われるかもしれません。

 

違うんです!普通の事じゃないんです!!

西野さんは色々な意図を込めて

サロンメンバーを広告・販売に巻き込む実験をしてます。

しかも一つや二つじゃなくて沢山!!!

 

意図や具体的な実験内容ってのは「有料サロン内の共有不可コンテンツ」

と思われるので、もったいぶって大変恐縮ですが公開はしません<m(__)m>

.

..が、とにもかくにもプロジェクトに巻き込まれたワタクシは

・自分が大変お世話になっている不動産屋さん

・自分が大好きな飲み屋さん

に「映画えんとつ町のプペル」の営業(実験)に行ってまいりました!

家賃収入はベーシックインカム

会社や上司から売ってこいと言われた商品でなくて

自分が心から応援したい商品を宣伝しにいくってものすごく楽しい

 

しかも自分で考えた仮説を自分の責任において実験する事ができる

このブログは「らぼ」なのでいっぱいいっぱい実験もしたい(^^)

 

こんな風に利益を気にせずに研究や実験を兼ねた営業ができるのは

自分の場合は大家さんとしての収入があるから。

親友にこの事を話したら「ベーシックインカムだね」と言ってましたが

ホントに不動産事業からの家賃収入は

ベーシックインカム by myselfだと思います。

 

そして「ベーシックインカム」があると

何故か「世のため他人のために役立ちたい」という想いが強くなります。

営利だろうが非営利だろうが世のため他人のためってよく聞きます

「儲けのためじゃない」とか、それこそ製薬企業だったら「患者さんのため」とか

 

これまでは、そういう言葉を聞くと

どこか嘘くさいなと思ってしまう自分もいました

だけどお金と時間の心配が減ってくると

世のため他人のためって台詞を聴いた時に

自分の中で「嘘くさい」思う気持ちが小さくなりました。

 

大家業をもっと頑張って

さらにお金と時間の心配から解放されて

もっともっともっと

本心から「世のため他人のため」に生きる自分に出逢いたいです。